古本買取における利益の仕組み


“古本買取は現在、全国各地で行われる買い取り事業となりました。 買い取られた本はその店舗や別の店舗、インターネットなどで転売をされることとなるのですが、それではこの古本買取においてはどのような形で利益が生まれているのでしょうか。 まず利益が出るまでの仕組みの中で、最初のポイントとなるのが「安く買う」ということです。 古本買取にきた本を、消費者に断られない限界まで安い価格で買取を行うことによって、商品を安く手元に集めることができます。 そして次のポイントが「高く売る」ということです。 単純な算数として、安く買ったものを高く売れば、それだけ多くの差額が出ることとなりますから、基本としてはこの「安く買って高く売る」ということを繰り返して儲けを出しているのです。 一見すると「古本買取は儲けやすい商売だ」というようにも見えるのですが、実際にはそうとは限りません。 売れる本だけを買い取っていれば確かに儲けを出しやすいのですが、実際には売れない本であっても買取依頼が出たのであれば応えなければならないケースが多いのです。 加えて本の需要と言うものは常に変動していますし、古本買取を行っている店舗はかつてと比べると遥かに多くなりました。 そうした中では古本買取業者は高く売るということが難しくなってきており、年々利益率は下がってきているのです。 その仕組みは非常にシンプルですが、実際に経営していけるかどうかということについては、経営者の実力のほか、運の要素も大きく絡んでくることとなるのです。”
このページの上へ